舞道ダンスシアター 公式ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Grapevine 4月

舞道のニューズレターGrapevine4月号から、ニランジャンのコラムThoughtsです.


Purity

 Many may not know this, but there's a meaning in the name 'Niranjan'.
It means purity. When I first received the name from my master, I cried and cried―out of happiness for the blessing, shame for my inadequacy, and awe for the name's source.
If I forget my true essence, all I have to do is hear someone call me―'Niranjan!'―and I am reminded. My name is a blessing of the greatest magnitude; it has made my life into a journey, a return, all the way back to the source. All the way back to Purity.

If you've known me awhile, you know my qualities (both pleasant and unpleasant).
You've seen me struggle, enjoy, sometimes laugh, often scowl, and on rare occasions cry.
It may not appear so, but when I'm teaching, when I'm dancing, when I'm performing, when I'm doing anything, I'm just staying the course of that journey, constantly reminding myself of where I'm going, and what I'm doing; I'm purifying.

If you remain with me, if you become my traveling companion, sooner or later you'll wind up doing what I'm doing. You'll purify, too. And in the end we will arrive together, back at the source: Purity.



純粋であること



ご存知の方も多いかもしれないが、「ニランジャン」という名前には意味がある.
その意味は「純粋であること」.
師からこの名前を頂いたとき、僕は泣きに泣いたーその祝福からくる喜び、また自らを恥じ入る気持ち、そして名前の語源への畏怖によってである.

もし僕が自分の本質を忘れることがあれば、だれかが僕の名前を「ニランジャン」と呼ぶのを聞いて思い起さなければならない.
僕の名前は最高に偉大な祝福である.
それによって僕の人生は源へ回帰するための旅が始まったのだ.純粋なるものへの回帰.

僕と知り合ってしばらくたった人なら、僕の資質(良いところも悪いところも)知っているだろう.
僕が、葛藤したり、楽しんだり、時々笑ったり、たびたびしかめっ面をしてたり、たまに泣いたりするのも見てきているだろう.
実は教えている時、踊ってる時、演じている時、そう、何をしているときも、ぼくはいつだって絶え間なくこの源に向かう旅をやり抜こうとしているのだ.そうは見えないかもしれないけれどね.
自分がどこに向かっているのか、何をしているのかをたえず思い起こし自分に言い聞かせている、
これは浄化なのだと.

もしあなたが僕と一緒に居るなら、遅かれ早かれあなたも僕と同じことをしていく旅の仲間になる.
あなたも浄められていくだろう.
そして最後に僕たちは本来の源である純粋さに共に回帰するだろう.

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://budodance.blog50.fc2.com/tb.php/273-40577d33

 | HOME | 

最近の記事

カテゴリー



 ©2008 BUDO DANCE THEATER


 

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。