舞道ダンスシアター 公式ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

grapevine 3月号

舞道のニューズレター grapevineの3月号より、ニランジャンのコラム Thoughtsです.

Love
 Lucky for me, I was born on St. Valentine's Day. Not lucky because it's easy for people to remember my birthday and so I get lots of chocolates (don't get me wrong, I love getting chocolates), but lucky because the day reminds me about love.
 Love. It's a loaded word. We use it all the time, in so many different ways―I love chocolates, I love my mom and dad, I love my lover, I love my child, I love my pet, I love my life.
 If I erase the word 'love', it's still there. It exists, always. It needs no description, but it doesn't mind if we whisper or scream or sing out our names for it. It never suffers, but it feels compassion for us when we suffer in its name. It gives itself to us to use for whatever we want, and never denies our complete freedom. If we misuse it, misunderstand it, or even deny it, no matter, for it cannot be hurt. It is always with us, yet always untouched. Forever pure.


110722_1833~02






ラッキーなことに僕はバレンタインデーに生まれた.
それは人が僕の誕生日を覚えてくれてチョコレートを沢山もらえるからラッキーというのではなく(誤解しないでね、チョコレートを頂くのは大好きです.)、この日になると愛についてあらためて考えることができるからだ.


愛.それは含みのある言葉だ.
私達はこの言葉をいろんな風にあらゆる時に使うー
チョコレートを愛してる、
両親を愛してる、
恋人を愛してる、
子供を愛してる、
ペットを愛してる、
人生を愛してる.


もしその言葉を消してしまったとしても、愛はそこにあり続ける.
それは常に存在しているのだ.
説明を必要としていないし、また逆にそれをどのような名前でささやいたり叫んだり歌ったりしてもいいのだ.
それ自体は傷つくことはなく、逆に僕たちがその名前を使って傷ついたとしても、そのことに対して慈悲さえ感じてくれる.
僕たちがその言葉をどのようにでも使わせてくれるし、それを使う自由を否定しようともしない.
誤って使ったり、誤解したり、拒否したりしても、関係なく、傷つくことはない.
それは常に私達とともにあり、しかし侵すことは出来ない.



永遠に純粋なもの.

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://budodance.blog50.fc2.com/tb.php/270-82363636

 | HOME | 

最近の記事

カテゴリー



 ©2008 BUDO DANCE THEATER


 

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。