舞道ダンスシアター 公式ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

grapevine 2月

ニューズレターgrapevine 2月号より ニランジャンのThoughtsです.

IMG_1737.jpg


What Kind of Place?
 What kind of a place is Budo Dance Theater? It's like a prism that reflects light; it produces myriad colors and qualities, depending on how we hold it, and how we look at it.
 I'm often there alone, when it's silent and empty. It appears as any dance studio, with mirrors all around, long wooden bars, and a big black floor. But its silent emptiness is filled with infinite potential, waiting to be fulfilled.
 All kinds of interesting characters enter through its bright orange door, and it instantly becomes a theater. Every day is a different episode: lots of goofy, funny hysterics, sometimes a painful tragedy, a sprinkling of beautiful pastoral idylls, an occasional unexpected mysterious turn, all in endless variety, and always entertaining, and enriching. (Much better than TV or the Internet.)
 It's a playground, too. We can romp around and use our bodies like seesaws and swings and merry-go-rounds. We can feel the wind in our hair and the sweat on our backs and the fun of just being alive, like we felt when we were little kids.
 And it's a sanctuary. We are safe there. Each of us can use the instrument of our own body to worship in our own individual way. We repeat movements again and again, with deeper and deeper awareness, and they become ritual. When our dancing is ritual, it is the most powerful, and the most liberating. It frees us.


IMG_1756.jpg


どんな場所?

舞道ダンスシアターはどんな場所なんだろう?
それは光を反射するプリズムのようだー私達がそこをどのように使うかによって、またどのように見るかによって色や質を幾万にも創り出していく.
僕は、よくスタジオが誰もいない静かな状態の時に居ることがある.そこは 鏡が張り巡らされ、長い木のバーと黒いフロアの どこにでもあるダンススタジオのようだ.しかし、その静けさと空の状態は満たされるものによって無限の可能性がある.

その朱色のドアからいろんな面白いキャラクターたちが入ってくると、そこは即座に劇場と化す.
毎日が違うエピソードに満たされるー本当に沢山の、楽しいこと、面白いこと、驚喜すること、あるときは大変な悲しい出来事、のどかな田園の輝き、時折ある予期せぬ変化、全てが終わりのない多様性、それらはいつも豊かで楽しい.(TVやインターネットなんかよりもずっといいよ)

またそこは遊び場でもある.僕たちは跳ね回り、シーソーやブランコ、メリーゴーランドのように身体を使う.
髪の毛を通り抜ける風、背中に汗をかき、まるで子供の時に感じたようにただ生きているということをことを感じる.

そしてそこは神聖な場所だ.僕たちはそこでは安全である.それぞれが自分の身体という道具を使ってそれぞれの方法で賛美する.
深い深い意識を使って 何度も何度も動きを繰り返す、
それは儀式となる.
ダンスが儀式となったとき、それはもっとも強烈でもっとも解き放たれる.

僕たちを自由にするのだ.

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://budodance.blog50.fc2.com/tb.php/265-eeea753d

 | HOME | 

最近の記事

カテゴリー



 ©2008 BUDO DANCE THEATER


 

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。