舞道ダンスシアター 公式ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グレープヴァイン12月号より

12月2日、玲子さんのそれはそれはすてきな結婚式がありました.
プライバシーの関係で写真はブロブにはのせることが出来ませんが、今回はなんと花嫁をフィーチャーしたミュージカルを作ってお祝いしたのです.
新郎新婦のために、ミツルギさんが楽しくておしゃれな脚本を書き、超予備の皆さん、そしてニランジャンと舞道のダンサーたちが出演して、お客様からも大好評でした.
グレープヴァインのThoughtsにそのすてきなミュージカルについてニランジャンが書きました.
皆さんに歓びが伝わりますように!


A Wedding; a Marriage
Everybody loves a wedding. What's not to like? It's a beautiful ceremony, a celebration of one of our most primal human commitments—two hearts marrying, in love.
This month, a bunch of us are preparing our wedding gift to our good friends, Reiko and Kazu, who are taking the plunge on December 2. Our wedding gift is an unusual one perhaps, but it's somehow fitting: a show!
The star of the show will be the bride herself, with the groom playing a crucial supporting role. There will be real dancing, fake singing, and (we hope) funny acting antics. If we can bring smiles to the faces of the wedding guests, then it'll be a worthwhile gift.
We all know the gift won't last. Reiko and Kazu won't be able to display it in their house, or use it every day. Someday, far in the future, it might even fade from their memories.
But that doesn't matter. It's the love that we pour into the making of the gift, like the love that Reiko and Kazu pour into each other, that stays. That love is what marries us all.


結婚式、結婚

結婚式ってみんな大好きだ.嫌いな訳がないよね?
2つのハートが恋に落ちて結婚をするという、人が行うもっとも根本的な誓いのお祝いの美しい儀式だ.
僕たちの良き友人である玲子さんと和さんが12月2日にその儀式を敢行するので多くの仲間たちがある婚礼ギフトを用意している.
僕たちの婚礼ギフトはたぶん珍しいもの、でも僕たちにぴったりのもの:それはショーです!

そのショーのスターは花嫁自身、花婿はきわめて重要な脇役.ちゃんと踊るし、口パクで歌うし、爆笑の(受ければ!)お芝居だってある.結婚式に来てくださるお客様の顔に笑顔を送ることができたらそれは価値ある贈り物になるだろう.

その贈り物は長持ちするものではない.玲子さんと和さんがうちに飾っておくことは出来ないし毎日仕えるという品物でもない.いつの日か彼らの記憶から消えてしまうこともあるかもしれない.
でもそれは問題ではないのだ.
僕たちはこの贈り物を作るために愛をそそぎこんでいる、
それは玲子さんと和さんがお互いにそそぎ合っている愛のように、そう、その愛は続くのだ.
愛こそが我々すべてを結びつけているものだ.

スポンサーサイト

2月のグレープヴァイン

気がつけばもうすぐ3月

グレープヴァインの2月号のThoughtsを掲載し忘れていました.
すみません!
スタジオの生徒さん達から好評だったので、これを飛ばすわけにはいかない...
Thought by 上別府君です.


I recently read something that inspired me. It was a class assignment of Kamibeppu, written in English. It struck me so strongly that I want to share it with you. And I left it just as he wrote it, because any corrections from me would only mar the beauty and purity of what he is saying. —Niranjan

Dance is a Precious Thing by Manabu Kamibeppu
Dance is precious thing in my life. Do you think dance is memorizing steps and moving with music? I have been learning dancing for three years. I will introduce you three good points on learning dancing.
First, dance is good for health, as you know. Of course, exercise makes us more healthy. If you start ballet dance, your body can be flexible and your posture becomes better. You might be younger than you are.
Next, you can have more memory capacity than you have. It is very important to memorize steps, especially group dance. If you dance wrong steps, you might stand out. But it is easy to memorize steps. At first, you might think you have to memorize. But, if you practice dancing more, you can memorize steps by your body and your brain. So you can memorize naturally. Also, you can learn group manner. You can feel you have more memory capacity in society.
Finally, we can learn life through dance. When we take dance lesson, our teacher says good advice. For example, “Try like jumping off a cliff.” “Don’t be passive.” “It depends on you.” “Always be relaxed.” I think this advice is connected with our life. Thanks to these pieces of advice, my life changed greatly.
Because of these reasons, I can’t stop dancing. I love dancing and I love his advice. So, I want to grow up through dance and his advice.








最近読んで大変インスパイアされた文章がある.上別府君が英語のクラスの課題として提出するために英語で書いたものだ.僕は読んで大変心打たれたので皆にも紹介したいと思った.この英語の文章は彼が書いたそのままで何の訂正もしていない.なぜなら彼が言っていることの美しさと純粋さを文法を直したりすることで壊したくないから.— ニランジャン

カミベップマナブ
英語科、研究課題その1

タイトル:ダンス

ダンスは私の人生において,かけがえのないものです.皆さんはダンスと聞いてただ音楽に合わせて踊るだけだと思っていませんか?
私は3年間ダンスを習っています.ダンスを習っている時に見つけた3つの良い点を紹介しましょう.
 まず、ダンスは健康に良いです.もちろん、運動をするとより健康になります.
あなたがバレエダンスを始めたら、身体は柔らかくなるし,また、姿勢も良くなるでしょう.さらに、今の年齢以上に若く見られるかもしれませんよ.
 そして記憶力も良くなります.振付けを覚えることはとても重要だからです.
集団ダンスでは特に重要ですし,もし、振付けを間違えたら目立ってしまいます.
が、しかし、振付けを覚えるのは簡単です.まず、振付けを覚えることは難しいと考えると思いますが練習をすれば自然と覚えていくものです.また、集団でのマナーを習うことが出来ます.社会に出た時、きっと役に立つでしょう.
 最後にダンスを通して人生も学ぶことが出来ます.レッスンをうけている時に先生から良いアドバイスを得ることが出来ます.
例えば、「崖から飛び降りるくらいにトライしなさい.」「消極的になるな.」「自分自身を信頼しなさい.」「常にリラックスの状態でいなさい.」
私はこれらのアドバイスは日常でも役立つと思っています.アドバイスのおかげで私の人生は大きく変わりました.
これだから私はダンスをやめることが出来ないのです.私はダンスが大好きで,そして先生のアドバイスも大好きです.ダンスを通してこれからも成長していきたいです.



月末になりましたが...grapevineより

光のスピードで毎日が過ぎていってます!!!
(言い訳かな?)

ブログへの掲載が遅れてごめんなさい.
1月のgrapevineよりニランジャンのコラムthoughtsです.

公演出演者の皆さんには、集まってもらってこの内容のもっと具体的なお話をしました.
今年の舞道の決意です.




Making the Most of It

 I took another journey this past week, from Osaka to Seattle, and I returned inspired. Journeys do that to me; they open my eyes and my mind to a new way of seeing, feeling, and knowing. The little journeys we make in this life are all symbols for the bigger journey of this life—the journey of the soul.
 This time when I returned to my native country I saw my past, as I always do: old familiar friends, old familiar places. But not old feelings. New feelings now, and new thoughts to go with them. Stronger, clearer, and more urgent feelings. I can now feel my body’s mortality. It’s 52 years old, and it can’t dance forever. Its days are numbered.
 I can see that I have no more time to waste. Every day, every class, every movement could be my last. I must make the most of it, make it count, make it meaningful. I want to make myself the human being I’ve always dreamed about, now, before I leave this body.
 So, I’ve resolved to ask much more of myself. That means I’ll be asking more of everyone around me, too. I’ll be asking more of you. I’ll demand that you make the most of every moment, of every movement, in every class, every day.
 We must all dance like there’s no tomorrow. Because there is no tomorrow. There’s only now.



最大限に生かすこと

先週大阪からシアトルへ再び旅をした.僕は旅でインスパイアされて帰ってくることがよくある.
旅をすることで 僕の目と心は新しいものの見方、感じ方や理解の仕方をするようになる.人生の中の数々の小さな旅はこの人生というより大きな旅のための全てのシンボルである.
今回、自分の母国に帰ってみて、いつもそうするのだが、自分の過去を見た:昔の友人たち,ずっと知っている懐かしい場所.しかし、昔の感情はなかった.過去のものたちを現在の新しい気持ちや考えで見た.
より強く,よりクリアでよりせき立てられるような感情だった.

今自分の身体は死んでいく運命に在るということを感じる.
52歳だし永遠に踊れる訳ではない.それは数えられるくらいの日々なのだ.
もう無駄にする時間は残っていない.
毎日が、1つのクラスが,一瞬一瞬が僕の最後かもしれない.
力を尽くさなければならない、価値あるものに,意味があるものにしなければならない.
この肉体を去る前に、人として自分がこうありたいと夢に描いたことを実現していきたい.

だから自分に最大限に力を尽くすことを課していくことを決意した.
それはすなわち僕の周りにいる人達に対しても同じことだ.
僕はあなたたちにもっと要求していくことにする.
一瞬一瞬に、すべての動き,全てのクラス、全ての日々に持てる力を最大限に尽くして生かしてくれるよう命じよう.
僕たちはすべてのダンスを明日がないと思って踊らなければならない.
なぜなら本当に明日なんてないのだから.
今この瞬間だけがあるのだから.

Grapevine 11月

舞道のニューズレター Grapevine 11月号よりニランジャンのコラムThoughtsです.

ハロウィーン過ぎてしまいましたが,あしからず


Halloween Nostalgia

Always around this time of year, when the air gets cooler and drier, and the sunlight takes on a different slant, I wax nostalgic. I think of Halloween circa 1970, when I would dress up as a vampire or a scary monster, and go gallivanting around my neighborhood trick-or-treating. My sack was a pillowcase. I could never hope to fill it all the way up with candy, but I always managed to get enough to satisfy me. And in the bottom of my sack, along with all the chocolate bars, bubble gum and suckers, was of course a bar of soap, and one or two rolls of toilet paper. That was for the ‘tricking’. (I wasn’t the sweetest kid on the block.)

I never did any real damage, however. Just funny faces drawn in soap on some windows, and white tails of toilet paper flailing in the half-leaved trees. And it was always aimed at some crabby old man that was kind of mean towards us kids.

Now I’m that old man, and I really have to watch myself about the crabbiness. But I don’t have to worry about soap on my windows or t.p. in my trees. First of all, nobody can reach the windows of my house, and I have no trees. I don’t even have a yard. Second, there are no kids that mischievous in my neighborhood. All the kids I know are sweet.




懐かしいな、ハロウィン

空気が冷たく乾いてきて、陽の光の射す角度が変わってくる1年の中のこの時期になると、僕はいつもノスタルジックになる。
思い起こすのは1970年頃のハロウィーン、僕は吸血鬼や怪物の仮装をして「トリックオアトリーティング(お菓子くれないといたずらするぞ〜)」をしながら近隣の地域をうろついたのだった。
僕のサックは枕カバーだった。それがキャンディーでいっぱいになることなど絶対にないと知ってはいたけれど、それでもいつもけっこう満足のいく結果を得ていた。
そして僕の袋にはチョコレートや風船ガムやお菓子と一緒に、もちろん石けんやトイレットペーパーも入っていた。
それはトリッキング(いたずら)のため。(けっこう近所でもいたずら小僧だったんだよ。)


 でも僕はひどいいたずらは決してしなかった。ただ、窓におかしな顔を石けんで描いたり、葉っぱが落ちかけた樹に1、2個トイレットペーパーをぶら下げたりしたくらいだった。
僕がいたずらしたうちには、機嫌が悪く怖い顔して子供をにらむ年とったおじさんがいたものだった。


 今は僕がその年取ったおじさんになりつつあるし、つい機嫌が悪い顔になることなども注意しなければいけないなと思っている。
でも僕はうちの窓に石けんでいたずらされたり樹にトイレットペーパーを吊るされたりすることは心配していない。
第一に、うちの窓には誰も手が届かないし、樹もない。
まず庭がない。第二にうちの近所にはそんないたずらっ子はいない。

僕がここで知ってる子供たちはみんないい子だなあ

unknown.jpg



今年のハロウィーンに我が家をtrick-or-treatingしてくれた かほちゃん!




Grapevine 9月

舞道のニューズレターGrapevineよりニランジャンのコラムです.


Bon Voyage!

 People come into your life and go out of your life all the time. Some you like, some you don’t, some you don’t even notice. Some stay around for years and years, and some whiz by like a gust of wind out of nowhere, then disappear. Once in awhile one of those visitors in your life leaves an impression on you. And when they exit from your life, you appreciate how much they have helped you, or changed you.

 Hisanobu is such a person. We often called him ‘mystery man’, because he never talked much; we couldn’t really get any personal information out of him. But I kind of liked that about him; he was quiet, calm, and sincere. It was his sincerity that affected me most. It made me think, “I want to be more like that.”

 He helped me teach the kids on Saturday mornings, and I saw right away that his gentleness and kindness was something I lacked. Again, I thought, “I want to be more like that.” Often he would come early to clean the studio before class. I called him ‘the angel’.

 No surprise that his wife Emily turned out to be just as kind and sweet as he was. A match made in heaven. They are now off to a new life in America. I don’t worry about them at all. This world always looks after good people.

 Bon Voyage, Hisanobu and Emily!


ボンヴォヤージュ!よい旅を!

人生には沢山の人との出会いがある.
好きな人、苦手な人、出会ったことすら気付かない人.ある人とは何年も共に過ごし、ある人は どこからともなく 風のようにやってきて、そしていなくなる.
様々な出会いの中で自分に強い印象を残していく人がいる.その人が去っていった時に、どんなに自分がその人から助けられ、影響を受けたかを知ることがある.

久暢くんはそんな人だった.
彼のことを僕たちは「ミステリーマン」と呼んでいた.なぜならいつも言葉少なで多くを語らず、彼個人についてはほとんど情報がなかったからだ.

でも僕は彼のそんなところが好きだった.もの静かで穏やかで誠実だった.僕が最も魅了されたのはその誠実さかもしれない.僕は「自分はもっとこのようになりたい.」と感じた.

彼は土曜の朝のキッズクラスを教える手伝いをしてくれた.
そこで僕は すぐさま彼の持つ優しさと親切さが自分には欠けていると感じた.
そしてまたもや僕は「 自分はもっとこのようになりたい.」と思った.
彼はよく早朝クラスが始まる前にスタジオに来て清掃をしてくれていた.
僕は彼を「天使」と呼んだ.

そんな彼の奥さん、エミリーさんが彼と同じく親切で優しい人なのは当然だとも思える.
神様が出会わせたんだね.

彼らは今アメリカでの新生活に旅立とうとしている.僕は彼らのことは全く心配していない.
世界がいい人達を放っておく訳はない.

ボンヴォヤージュ!よい旅を!久暢君、エミリーさん.

IMG_1941_convert_20120905084819.jpg


*お二人は8/30に日本を発ち無事アメリカに着きました.
さっそくアメリカのステーキ、ピッザ、サンドウィッチを食べてお腹がはち切れそう!とハッピーなメールが届いています.
更衣室には皆さんへのお礼のカードも貼ってあります.
読んでね〜


 | HOME |  »

最近の記事

カテゴリー



 ©2008 BUDO DANCE THEATER


 

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。